大ホール・小ホールのご利用について

大ホール・小ホールに関するご理解とご協力のお願い

主催者の皆さまへ

  • 施設利用にあたっては、「マスク着用の徹底」「手指消毒・咳エチケットの徹底」「三密を避ける対策の徹底」を前提に利用を許可します。
    新しい生活様式においては、今までとは違った様々な制約や条件が出てきます。施設のご利用についても、利用者の皆さまのご理解とご協力が重要となります。主催者・出演者の皆さまにとっても、ご来場のお客様にとっても、劇場が安心・安全な場となりますよう、ご協力のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。
  • 政府並びに福岡県が令和2年9月16日に発表したとおり9月19日~当面11月末まで、「開催制限を緩和する条件(大声での歓声、声援等がないことを前提としうること)」を満たす催物(イベント等)は、収容率の上限100%(従来の定員)での発表利用・公演開催を認めます。
  • ご利用当日に向けては、万一のことのないように、スタッフ・出演者の皆さまの直近2週間の体調管理・把握等に、ご協力をお願い申し上げます。

ホール貸出にあたって〜施設側の対策〜

  1. 当館スタッフと主催者さまの打合せについて
    • 平時の打合せに加えて、感染予防策に関するお打合せをさせていただきます
  2. 参加者・入場者の方々への熱中症対策について
    • ペットボトルや水筒に入ったお飲み物の、客席内への持ち込みを許可します(定期的換気により、空調が効きにくい場合の熱中症対策として)
  3. 衛生対策について
    • ホールの座席やドア、楽屋まわりは、ご利用前までに清掃員にて次亜塩素酸ナトリウムによる消毒・殺菌等を行います
    • ロビーやトイレは、日常的な清掃に加え、手すりやドアノブなどの定期的な消毒を行います
    • 楽屋のカギは、あらかじめ消毒し、トレーやケースを使ってお渡しします

定員数、収容率について

 観客数(主催者側スタッフ、出演者を除く)は開催するイベントの種類によって以下の通りとなります。

  1. 大声での「歓声・声援等がない」ことを前提としうる場合
    (例:クラシックコンサート、演劇、舞踊、伝統芸能、芸能・演芸、講演会・式典、展示会等)
    • 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策として、大声を出す者がいた場合、個別に注意等ができる体制をとるなど大声を出さないことへの担保が必要です。
    • これまでの当該イベントの出演者等による類似のイベントの開催実績において、参加者が歓声、声援等を発し、又は歌唱する等の実績がみられていないことが必要です。
      (開催実績がない場合、類似の出演者によるこれまでのイベントに照らし判断します)
      ※上記実績等については、イベント主催者において、利用打合せの際に過去の開催実績に基づく十分な説明を行ってください。(十分な説明が行われない場合においては、この要件に該当しないものとします)

    上記、並びに、かつ後述の「新型コロナウイルス感染症対策」が図られる場合は観客数を収容率の100%とすることを可能とします。

  2. 大声での「歓声・声援等が想定される」場合(ロック、ポップスコンサート等)
    • 観客数の上限は、大ホール:最大600名、小ホール:最大200名としますが、異なるグループ又は個人間では座席を1席あけることとしつつ、同一グループ(5人以内に限る)内では座席等の間隔を空ける必要はないものとします。
    • 異なるグループ又は個人間で座席を1席あける具体的な手法を実施計画に盛り込むことが必要です。

主催者さまにご協力いただく「新型コロナウイルス感染症対策」

  1. 当館スタッフとの打合せ、感染予防に関する事前準備のお願い
    • 当日の感染予防対策についての事前打合せにご協力ください(利用申請時、具体的な内容を 検討されるときなど、必要に応じて設定させていただきます)
    • 来場されるお客様に、来場前にお願いしたいことを、ポスター、チラシ、ホームページなど で事前にお知らせしてください(マスクの着用や検温の上でのご来場など)
    • 舞台裏や催しの運営に関わる全スタッフ・関係者、出演者など、すべての人に下記③④⑤⑥ に関する感染予防対策の周知徹底をお願いいたします
    • ゴミはすべてお持ち帰りください。持ち帰りできない場合は、主催者で回収業者を手配して ください
  2. すべての利用者名簿の作成および管理のお願い
    • 催しにご来場のお客様(観客)、舞台裏や催しの運営に関わる全スタッフ・関係者、出演者な ど、すべての人の氏名、緊急連絡先、住所(できれば)を把握してください
    • 万が一、感染者が出た場合に追跡を可能にするためにお願いしております
    • 保健所等の公的機関から名簿の提示依頼があった場合はご協力をお願いいたします
    • 書式は問いません。会館が作成した書式のご提供もできます
  3. ロビーの「三密回避」、衛生対策について
    • 開場前のロビー内の密を避けるために、事前の座席指定、入場の時間を長くとる、グループ に分けて入場してもらうなどの工夫をご検討ください
    • お客様にご整列いただく際は、十分な間隔を取れるような工夫やお声掛けをお願いします
    • 以下のような飛沫感染防止の対策をお願いします
      ・お客様を直接ご案内する受付係・会場係のマスクやフェイスガードの着用
      ・当日券の販売、物品販売等、お客様と対面で接客する場は、ビニールカーテンを設置
      ・チケットや現金、物品の受け渡しはトレー等を利用する
    • 休憩時のロビーやトイレの混雑、終演時のお客様の誘導についても気配りをお願いします
    • お客様用の手指消毒液、マスクをお持ちでない方への配布用マスクなどは、主催者でご用意 ください
    • 終演後は、お客様をロビーに滞留させず、速やかにご退館いただくよう促してください
    • 参考のため、サザンクス筑後が主催する催しにおける対策の一覧をご用意しています
  4. 楽屋の定員遵守について
    • 楽屋は、利用人数によって密を生み出します。新定員数に応じた利用人数をお守りください
    • 楽屋が不足する場合は、研修室・イベントホール等を楽屋としてご利用することをご検討ください(大ホール・小ホールの利用が重なっていない場合は、他ホールの楽屋も利用可)
  5. 舞台裏・楽屋回りでの衛生管理について
    • スタッフ・出演者に関わらず、本番やリハーサル時の舞台上ではマスクを外してかまいませ んが、舞台袖や楽屋ではマスク着用をお願いいたします
    • 利用内容によって着用が困難な場合(楽器演奏、コーラス、ダンス等の利用)も、準備時や 休憩時には着用してください
    • 休憩、飲食時に関しては、定員内で、対面での会話や食事を避けるようご配慮ください
    • ケータリングに関しては、使い捨ての紙皿・コップ、個装の茶菓子等をご準備ください
    • 会館の湯沸かしポット、湯呑類の貸し出しは停止いたしますので、お持ち込みください
    • 楽屋での手指消毒液などは主催者でご用意ください
    • 利用後は、楽屋まわりの消毒にご協力をお願いいたします(消毒セットは、貸し出します)
  6. 定期的な換気について
    • 大ホール・小ホールの空調機は、従来よりも換気がより多く行われるように設定しておりま すので、空調が効きにくい場合があります
    • 開場時は、扉を全開にするなど、換気のご協力をお願いいたします
    • 開演後は、定期的に扉の開閉ができるよう休憩を設けるなど、進行にもご配慮いただき、定 期的な換気にご協力をお願いいたします
    • 楽屋では、各部屋のドアを開放するなど、換気にご協力ください。
    • 楽屋内の空気清浄機は常時運転させています。スイッチには触らないでください。
  7. 終演後の消毒について
    • 終演後のホールの座席やドア、楽屋まわりの消毒をお願いいたします。 ・客席の肘掛、ドアノブ、手すりといった、人の手や肌が触れた部分
      ・楽屋まわり(机・いす、ドアノブ、スイッチ類など)
      ・ロビー受付で使った机・椅子など
      上記をアルコール液で消毒した上で退出してください(消毒用アルコール液は会館で準備します。拭き上げ用のタオル等の準備にご協力をお願いします)
  8. 万が一の事態について
    • 催し物のあと2週間以内に、すべての利用者の中から新型コロナウイルス感染症を発症した 人が出た場合は、速やかに当館へご連絡ください

【参考】

政府(11月末までの催物の開催制限等について)
https://corona.go.jp/

福岡県(催物(イベント等)における感染拡大防止対策の徹底)
https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/covid-19-cooperation-event.html

(公社)全国公立文化施設協会のガイドライン(9/18 付)
https://www.zenkoubun.jp/info/2020/0918covid_19.html

音楽コンサートにおける新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン(ACPC 他)(R2/10/8付改定)
https://www.acpc.or.jp/pdf/COVID-19/20200710_01.pdf

その他業種別ガイドライン(12/18 付)
https://corona.go.jp/prevention/pdf/guideline.pdf

さいごに…舞台のご利用に際して

劇場の舞台は、
研修等でご利用の皆さまにおかれましては、「学習の場、交流の場、生涯学習の場
文化芸術活動等の催し物でご利用の皆さまにおかれましては、
「創作の場、発表の場、いわゆる晴れの舞台」であると考えます。

サザンクス筑後は、日頃より
最善を尽くし“皆様と共に舞台を創ること”を大切にしています。

新型コロナウィルス禍にある現在においては、平時とは違った様々な制約や条件が出てきます。施設のご利用については、利用者の皆さまのご理解とご協力が重要となります。主催者・出演者の皆さまにとっても、ご来場のお客様にとっても、劇場が安心・安全な場となりますよう、ご協力のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

【利用同意書】
申請書ダウンロード
【利用者名簿(参考資料)】
利用許可申請記入例

(公財)筑後市文化振興公社が主催する公演についてのガイドラインを作成しています。
受付や楽屋での対応、広報の仕方等、より具体化しておりますので参考にされてください。

【自主事業ガイドライン】
申請書ダウンロード