レビューの愉しみ

館長・総合芸術監督/齋藤豊治(さいとうとよじ) 皆さんはレビューの意味を御存じでしょうか?多くの方は宝塚歌劇団の舞台をイメージしたり、年配の方は日劇ミュージックホールや浅草のレビュー小屋を思い出すかもしれませんね。レビューとは、歌や踊りやコントなどで構成したバラエティのことです。1820年代のパリで、年末にその年の出来事を風刺的に回顧する演目から始まったそうです。その後はアメリカに渡り世界的に大流行。やがて風刺色がなくなり、豪華絢爛な衣装や装置で歌い踊るスペクタクルになりました。伝説のプロデューサーのジーグフェルトによる舞台の様子は、ビデオ「ザッツ・エンターテインメント」で見られます。巨大なデコレーションケーキのセットの上で沢山の男女が踊るシーンは圧巻で、一見の価値ありです。日本でも宝塚の豪華な大階段のフィナーレは、今でも大人気ですね。 さあ今日も幕が上がります。様々なジャンルの舞台を、サザンクスでたっぷりとお楽しみください!