館長の散歩道

サザンクス筑後・館長兼総合芸術監督 齋藤豊治が日々思うこと、伝えたいことを綴るページです。ご覧の皆さまに何かキラリと光るもの、新しい発見をお届けできますように。


2022年05月01日

喉を開く

皆さんはこれまでに「喉を開きなさい」と言われたことがありますか?合唱を指導する音楽の先生や、演劇部の顧問の先生からアドバイスを受けた経験があるかもしれませんね。ところが多くの方が、学校では声の出し方や話し方を学べずに社会…

続きを見る

2022年04月01日

息を吐ききる

4月は出会いの季節ですね。新しいクラス、新しい職場、新しい仲間たち。希望に胸を膨らませていらっしゃる方も多いと思います。また一方では、自己紹介をすることが増えて、人前で話すのが苦手な人にとっては、緊張が続く時でもあるよう…

続きを見る

2022年03月01日

発声は面白い!

今回は声にまつわるお話をします。僕がヴォイストレーニングを専門家の先生方から学び始めたのは18歳の頃でした。それからあっという間に半世紀が経ってしまいました。最初は、なかなか声が思うように出ずに苦しんだこともありましたが…

続きを見る

2022年02月01日

名選手と名俳優

このところ、大谷翔平選手の野球場での行動について、テレビやSNSに沢山の賞賛の声が上がっていますね。その行動とは、グランドのゴミくずを拾うこと。四球で一塁へ向かう時やブルペンに戻る途中などでゴミを見つけると、さっと拾って…

続きを見る

2022年01月02日

あたりまえのこと

皆さま あけましておめでとうございます。 昨年は新型コロナの感染が収まらずに、サザンクス筑後も対応に翻弄された1年でした。予定していました文化芸術事業のほとんどが中止となってしまい、一昨年に続いて皆さまには大変ご迷惑をお…

続きを見る

2021年11月30日

サラメシのナレーション

マスク着用の日々があい変わらず続いていますね。相手の言葉を上手く聞き取れずに、聞き返したり聞き返されたりしてお困りの方も多いと思います。そこで、このところ学生や一般の方々にお伝えしている「声と言葉を届けるワンポイントレッ…

続きを見る

2021年11月01日

型に学ぶ

1945年に封切られて、世界中で脚光を浴びた映画「天井桟敷の人々」は、フランス映画史上に残る名作と言われています。ご覧になられた方も多いと思います。僕自身も、主役のバチストを演じたジャンルイ・バローの情感あふれるマイムに…

続きを見る

2021年10月01日

インプットとアウトプット

まだまだ先の見えないコロナ禍で、思うように国内外に行くことができない状況が続いています。クリエーターにとって、日本の素晴らしい作品に触れるのはもちろん、海外の作品に出合い、刺激を受けることはとても大切です。日本文化の再発…

続きを見る

2021年09月01日

見えないものが見えてくる

随分前の話ですが、福岡県の片田舎に星野村という星がきれいに見えるので有名な村があると知り、子ども達を連れて遊びに行ったことがあります。その村には小さな天文台があって、昼間の星を天体望遠鏡で見せてくれるんだそうです。皆さん…

続きを見る

2021年08月01日

原初生命体

日本の多くの舞台俳優が学んできた身体トレーニングに、野口体操があります。体操といっても筋トレではなく、一口で言うと脱力の体操です。こわばってしまう身体を開放して、しなやかで柔らかいものと捉えなおすメソードです。人間の身体…

続きを見る