最終更新日:2019年11月01日

温かい息と温かい心

館長・総合芸術監督/齋藤豊治(さいとうとよじ)

あの人に話しかけられるとほっとする、心があたたかくなる。こんな印象を持たれる人は、温かい息で話をする人です。試しに、手のひらを口の前にかざして、口を開けて温かい息で、はーっと吐いて手を温めてください。今度は、口をつぼめて、ふーっと冷たい息で手を冷やしてください。温かい息と冷たい息の違いを手のひらに感じましたね?では今度は、手のひらに温かい息で「良かったねえ!」と話しかけてください。温かい言葉を実感すると思います。次に口をつぼめて、冷たい息で「良かったねえ!」と話しかけてください。何だか心のこもらない冷たい言葉だと思われる事でしょう。温かい内面を持っている人は、温かい息で話す人。他者を褒めたり共感したりする言葉「頑張りましたねえ」「良かったですねえ」「そうなんですねえ」などを、温かい息でたっぷりと話すことを心掛けてみてください。相手に対する思いやりが深まって行くことでしょう。